旬のページ

kumomag"
西洋クモマグサ
立春を過ぎてもなかなか春の気配が感じられないと思っていましたが、C家から待ちに待った春の訪れを知らせる花々がやってきました。待ちわびていた私は元気をもらったよう な気持ちになりました。今回載せた西洋クモマグサがその花の一つです。私のホームページには過去2回クモマグサを採り上げています。1回目は大分昔の旬のページで、2回目は , 2015年2月・同じく旬のページでした。  日本のクモマグサは高山植物で我々の目には簡単には触れませんが、洋種は、おそらくそれから作られた園芸種だと思いますがかなり昔から普及しています。原産地は分布図を見るとノルウエー西海岸、スエーデン南部、アイルランド、スイスやフランス南部地方のと思えます。その原種は、 学名Saxafraga rose。英語名は、Irish Saxafrageです。1794年にドイツの植物学者コンラット・メンヒ(Conrad Moench、1744 - 1805)が報告しています。Tropicosには報告が紹介されていますが、見ても内容がよく分からず、 引用されている文献がどういうものなのかはっきりしませんでした.。
このSaxifraga rosacea、別名Irish saxifrages は Saxifraga rosacea subsp. rosacea.と言うサブスペシース種類が報告されています。これについて面白い記述をインターネットで見つけました。これによよと英国ウエ ルズ地方のSnowdonia(Cwm Idwal)と言うところで1962年に植物学者の Dick Robertsが珍しいSaxifraga rosaceaを見つけましt。その小枝を植物園に送ったそうです。その後、別の植物学者 Morris Morrisもその小枝だから生育させた 個体を植物園に持ち込みました。植物園ではDNAを調べこのIrish saxifrages が約1万年前の氷河期を生き延びて来たきたものの子孫であると断定したと書かれていました。 残念ながらどのようにしてそのような判断がされたかは書かれていませんが、Snowdoniaの Irish saxifrages物語はまさにロマンのある花物語りです。
ユキノシタ科
(2018.02.10

1)Moench, Conrad : Methodus Plantas Horti Botanici et Agri Marburgensis : a staminum situ describendi 106. 1794. 1)
前回の旬ページへ

TOPに戻る

今週のページへ