旬のページ

stokesia
ストケシア
最近しばらくこの花に会うことがなかった懐かしい花です。ある家に、数年毎年咲いていました。ある時、私が写真を撮ろうとしゃがみ込んでカメラを向けていた時です。 後ろから「何をしてるんだ」、叱責の声でした。騒ぎに気づいたその家の奥さんが出て来る。しかし、奥さんは顔見知りで救われた思いでした。そんな妙な思い出もある花です。
花の名前はストケ シアです。その他に和名では、ルリギクやエドムラサキなどの美しい名前を持ってします。原産地は、北米の南東部・サウスカロライナ、ルイジアナ、ジョージア州などで、日本には大正時代の初めに渡来しています。
しかし、原産地は英国だと言う全く異なった口伝もあり、それによると1750年代に後にstokesiaが献名されたJonathan Stokesと同姓同名のEpiscopal ChurchのJonathan Stokes が英国からアメリカに持って来たもので、アメリカ原住民のCherokee族の地区に生残していたものがニューヨークの植物園に持ち込まれたものだと言うような話で信憑性は乏しいように思える事がネットに載っていました。
stokesiaの名が献名されたJonathan Stokes1755-1831)は英国の植物学者で ジギタリスの研究家でもあります。
非常に丈夫な花で栽培も簡単なようです。
学名はStokesia laevis (Hill) Greeneで1820年アメリカの植物学者グリーン'1843-1915)が それ以前1768年イギリスの植物学者ヒル1716-1775)がベニバナ属Carthamus laevis Hillとして報告していたものを見直して報告しました。    キク科 (2017..07.18)

1) Greene, Edward Lee : Botanical Magazine t. 2106. 1820. (Stokesia laevis (Hill) Greene)
2)Hill, John :Hortus Kewensis 57, pl. 5. 1768.(Carthamus laevis Hill )a synonym of Stokesia laevis (Hill) Greene
前回の旬ページへ

TOPに戻る

今週のページへ