旬のページ

verbena
バーベナ・ボナリエンシス
この花との出会いは随分前、2010年がはじめでした。以来一度も出会うこともなく花の名前も忘れてしまっていました。そして少し前にA家に登場した時は初めて見た花かと思った程でした。 今回は学名のバーベナ・ボナリエンシスが最初に分かり、 Verbena bonariensis L.から. 別名のヤナギハナガサを知り、昔旬のページに載せたことを思い出しました。
原産地は南米・アルゼンチンやブラジルなどです。この花の学名bonardensisiもブエノスアイレス産と言う言葉に 由来しているのだそうです。
栽培が始められた歴史は、古く1720年代に英国へ持ち込まれて栽培が始まったと言います。しかし、あまり人気が出ず、本格的に栽培が広まったのは、20世紀になってからだだと言います。
前回もすでに野生化が日本でも始まっていると書きましたが、アメリカの南部では増えて、生態系に影響を与える恐れがある危険種と見なされているところがあります。しかし一方、蝶や蜂を引き寄せる polinator-hostとしても利用されている所もあるようです。

クマヅツラ科  ***(2017.09.05)

1)Linnaeus, Carl von :Species Plantarum 1: 20. 1753. (Verbena bonariensis L.)
前回の旬ページへ

TOPに戻る

今週のページへ

***