旬のページ

gera
ゲラニウム・マクロリズム園芸種
大分前からC家で咲いていた美しいゲラニウムです。私も初めて見ました。名前を調べて行くうちにゲラニウム・マクロリズムに行き着きました。これはヨーロッパアルプスの東南部やバルカン半島に自生しているゲラニウムです。 既に1753年にリンネが報告しています。写真の花の様に白い花には、クロアチア・ダルマチア地方にあるビオコボ山脈(Biokova Mountains)に自生しているGeranium Biokovo と呼ばれているハイブリッドゲラニウムでマクロリズムと同じくダルマチアに自生しているダルマティクムとの自然交雑で生まれたもの、もう一つは、ケンブリッジ大学の Helen Kiefer博士が1974年にマクロリズムを母親に、そしてダルマティクムを父親にして人工的に交配させて作ったGeranium x cantabrigiense 或いはGeranium x cantabrigiense Biokovoと呼ばれている園芸種があり、ともによく知られ栽培されているようです。
なお、ダルマティクムは、オーストリアの植物学者bKarl Heinz Rechinger(1906-1998)が1934年に報告しているrピンクから青紫色をしたゲラニウムです。
フウロウソウ科
(2018.06.12)
1)Linnaeus, Carl von : Species Plantarum 2: 680. 1753.(Geranium macrorrhizum L.)
2)Rechinger, Karl Heinz : Magyar Bot. Lapok 1934, xxxiii. 28. (Geranium dalmaticum (Beck) Rech.f.
前回の旬ページへ

TOPに戻る

今週のページへ

>