旬のページ

kalan"
カランコエ
2013年の散歩道の花にこう書いていました。{「幸せを作る」、「幸福を告げる」などの花言葉を持つこの花、そのシーズンになりました。
今までも何度も散歩道の花に登場しているし、 決して珍しい花ではありませんが、この花を見ると年の暮れも近いなと思えて来るのは私だけでしょうか。どうもそれは時代後れの感覚のようです。確かに以前は年末の花でした。最近は、 栽培技術が進んでほぼ周年出回る様になっているそうです。そして花も9月頃から翌年の5月頃まで咲くようです。
別名はベニベンケイと言います。カランコエは中国名から由来していると言われています。 }と。
カランコエには150種もの種類があり、この花はその中で最もよく栽培されているKalanchoe blossfeldiana(ブロスフェルディアナ)ですが、私のページには特徴あるラキシフローラ(laxiflora)をよく載せてきましたし また、プミラという種類 も載せた事があります。
Kalanchoe属は、フランスの植物学者Adanson, Michelaが1763年に作りましたが、その名の由来について一般に次の様な記載がよく見かけられます。「加籃菜」と言う広東語ではgaa laam choi'と言われる植物・今では Kalanchoe ceratophyllaと考えられる植物の名に由来している。もう一つは 古代インドの言語に由来するという説です。しかし、記載を読むと、Adanson(アダンソン)は、1704年にボヘミア出身のイエズス会の宣教師で医薬や博物学に造詣があり、フィリッピンで活躍した, Georg Joseph Kamel(Casmellu)(1661-1706)が、伽蓝菜をKalanchauhuyと名付けていたことに注目してKalanchoeの属名を決定した様子が伺いとれます。と言う事から伽蓝菜由来説の可能性が大きいように思えます。
Kalanchoe blossfeldianaは、マダカスカル原産のカランコエで前記したように最も広く 栽培されている品種と言われています。またその名は ドイツの園芸家で育種家のRobert Blossfeldに献名されました。彼は1932年にKalanchoe blossfeldianaを世界に紹介、広めた人だそうです。学名を報告したのはドイツの植物学者 Poellnitz, Karl von (1896-1945)で1934年でした。
ベンケイソウ科。
(2017.11.07)

1)Poellnitz, Karl von : Repertorium Specierum Novarum Regni Vegetabilis 3.159. 1934. (Kalanchoe blossfeldiana Poelln.)
2)Adanson, Michel :Familles des Plantes 2: 248. 1763. ( Kalanchoe Adans.)
前回の旬ページへ

TOPに戻る

今週のページへ

***