8月の花 その1 aoi

モクフヨウ
フヨウのは、今頃になるとあちらこちらで何気なく、それでいて美しく咲き始めます。原産地は中国と日本と言われていますが、おそらくは中国南部の中央部が真の原産地で、そこから 日本に伝えられたのではないかと言う人もいるようです。この花も美しいですが、これの園芸種で我が散歩道では最近あまり見かけなりましたが酔芙蓉、咲き始めは白花で、日が高くなるにつれて淡いピンク、そしてピンクに花の色が変わる芙蓉があり、私が最も好き名芙蓉です。この色変化は、花弁に起きている一種の自己防衛反応・解毒作用の結果である事が知られています。
一方、フヨウの薬理効果について、あまり知られていません、インドの学者がフヨウの葉に含まれる一種のポリフェノールferulic acidが、2型の糖尿病に有効である事を報告しました、即ち、インシュリンの働きを回復させて血糖値を低下させる働きがある事を2014年に報告しています。その他に、インドでは民間薬としてフヨウの花や葉に皮膚病、腫れ、薄毛、白髪予防などにも使われていたと記されていました。
学名は、Hibiscus mutabilis L.でリンネ1753年の報告です。
****アオイ科****(2017.08.03)
1)Linnaeus, Carl von :Species Plantarum 2: 694. 1753. (Hibiscus mutabilis L.)

今週のページへ
次へ
TOPへ戻る