5月の花 その6

hagojasumin

ハゴロモジャスミン
朝の散歩道、このジャスミンの香りが風に乗って流れてきます。どこかに咲いているなと探す。かなり遠くからでもその香りは感ぜられる。春まっただ中を知らせてくれる香りです。 これを芳香という人もいますが、私には芳香ですが強すぎます。精油成分は、60パーセント近くが芳香のベンジルアセテートだと言います。オイゲノール系の芳香成分もそれなりに含有しているようです。しかし、 そのほかに12パーセントほどのクレゾールが含まれている らしいです。その上メトキシクレゾールと言うクレゾールの仲間も3パーセントほど含有しているとその報告は言っています。クレゾールと言えば消毒薬、 そんな物質を含むのは珍しい様に思えますが何か理由があるのでしょう。この匂いが私には鼻につくのかもしれません。蜜を取りに来る昆虫類には影響しないのでしょうか。
原産地は中国南部からミャンマーで日本には中国から渡来したと言われていますが渡来時期は不明です。学名は、Jasminum polyanthum Franch.でフランスの植物学者で特に中国や日本植物の専門家 アドリアン・ルネ・フランシェ(1834-1900)、が1891年に発表しています。 彼はその報告の中で、ハゴロモジャスミンは、1883年にフランスの宣教師で植物の採集家でもあったPère Jean Marie Delavay(1834-1895) が雲南省で発見した事を記しています。
****モクセイ科****(2017.05.12)
1)Franchet, Adrien René :Revue Horticole 1891: 270, f. 69. 1891. ( Jasminum polyanthum Franch.) 当時のスケッチも載っています

次へ
今週のページへ
TOPへ戻る