古いコインと思いで

ウガンダ500、200,100シリングコイン

今週は、私自身は訪れた事はないが、息子が仕事で行き、その時使い残したと言ってくれたウガンダのコインを載せる。
ウガンダは、地図を見るとケニア、タンザニア、スーダン、コンゴ、ルワンダなどに接している内陸の国で、あの有名なヴィクトリア湖をタンザニア、ケニアと共有している。国の中央には、ヴィクトリア湖に源を持つヴィクトリアナイル川が流れている。(この川が白ナイル川となり、更に青ナイル川と合流しエジプトを流れる世界最長のナイル川となる。)
歴史的にはエジプト王朝の影響を受けてきた。16世紀初め頃からは小さな王国が栄え、その中でも19世紀中頃にはブガンダ王国が繁栄したが、英国の植民地となり、1962年に独立した。人口26百万、首都はヴィクトリア湖畔のカンパラ。公用語は英語だという。
uganda500s.JPGuganda500sr.JPGuganda200s.JPGuganda100s.JPG
さてコインの表を飾っているのはウガンダの豊かな自然を象徴する動物たちである。500シリングコインは、国鳥であるカンムリヅル、200シリングは、湖に生息するシクリッド、カワスズメ科の淡水魚、絵から察するにティラピア、100シリングは、アフリカ水牛がデザインされ、それに国名と発行年、金額が描かれている。
裏側は、いずれも国の紋章、ウガンダ銀行、金額が英語で書かれている。
この国の紋章は、デザインの基本はケニアのそれと類似している。黒い盾を右側からカンムリヅル、左側からウガンダコブ(ウガンダに住む中型のカモシカ)が支えている。ツルは国鳥、カモシカは豊かなウガンダのワイルドライフを象徴しているそうだ。盾の後ろには交差されて置かれた二本の槍が描かれている。槍と盾はウガンダの伝統的な武器で国の守りと安全の意味がある。盾には一番上はヴィクトリア湖を示す二筋の波模様、その下に太陽、更にその下にウガンダ文化の象徴としてドラムが描かれる。黒の色でアフリカを表現した。この盾は緑の台に乗せられている。緑は豊富な自然を示し、その中にヴィクトリアナイルを示す二本の流れ、その両岸に代表的な輸出農産物であるコーヒーと綿花の花が描かれている。
最後に一番下には国のスローガン「For God and My Country」神と国のためにと記されたリボンがデザインされている。コインでは勿論色づけはされていないが、この国を誇り、愛する気持ちの溢れた紋章を見る事が出来る。
材質は、500シリングはニッケル真鍮(銅75,亜鉛20,ニッケル5の組成)、200と100がキュプロニッケル。ディメンションは、500シリングが、直径24ミリメーター、厚さ3ミリメーター弱、ギザあり、重量8.8グラム。200シリングコインは、直径25ミリメーター、厚さ2ミリメーター、ギザなし、重量8.1グラム。100シリングコインは、直径27ミリメータ、厚さ1.5ミリメーター、ギザあり、重量7.1グラム。金額の単位が小さくなる程、直径が大きくなるコインは、珍しい。

次へ

コイン綜合ページへ