古いコインと思いで

ケニア5シリングと10セントコイン

今週からアフリカ、私が十数年前に訪れた事があるケニアのコインを始めに、二三の国のコインを載せて見る。
ケニアはアフリカ東部、インド洋に面し、ソマリア、エチオピア、スーダン、ウガンダとタンザニアに囲まれた国である。
アフリカと言えば人類が生まれた大陸、既に200万年前には我々のの祖先が住んでいたらしい。ケニアに絞れば、紀元前2000年頃、エチオピアから人々が移り住み、前1000年頃には今度はソマリアから、紀元1000年頃には西アフリカから、その後スーダン南部から、続いてオスマントルコ、ポルトガルなどから土地支配を求めて人々が侵攻して来て戦いも続いていた。19世紀の後半からは英国が進出、植民地とし、白人に対する土地優遇の政策などが行われ、現地の人々は苦しんだ時代が続いた。20世紀前半になると反植民地運動が起き、その運動は、弾圧されながらも指導者は、ツクからケニアアフリカ同盟のケニヤッタに受け継がれていく。そして1963年、イギリスは、ケニアの独立を認めるに至る。ケニヤッタは、初代大統領になり、78年死去するまでケニアの発展に貢献した。その後モイが大統領となり、2002年に現在のムワイ・キバキに引き継がれている。

kenia5s.JPGkenia5sr.JPGkenia10c.JPGkenia10ch.JPG
ケニアの通貨単位は、シリングとセントで100セントが1シリングとなる。
ここには、1985年の5シリングと87年の10セントを載せた。
先ず両コインとも表側は、当時の大統領であるモイ大統領の肖像が載っている。上部には、ケニア共和国大統領とそして下部には大統領のフルネームが書かれている。
裏面は、共にケニア共和国の紋章がデザインされている。実際の紋章は、着色があり、前足にマサイ族の槍を持った2匹のライオン、後ろ足で立ち上がって、マサイ族の盾を支えている。ライオンは、金色に描かれ、盾は、白線で三分割され、上部が黒、豊穣な土を表す。中央は、赤色そしてその中に斧を持つ銀色の雄鶏が書かれている。赤は独立への戦いに流された血を意味し、鶏はケニアアフリカ同盟のシンボルである。一番下の部分は緑色で地球を示す。この色分けられた盾には独立までの苦闘が表現されていると言う。更に、この盾は、ライオンによって支えられていると同時に、ケニア山(標高5199メーター)の上に載せられている。そして山の側面には、ケニアの主な生産物が描かれている。一番下に中央に国のスローガン「Harambee」、団結とでも訳すでのだろうか、が書かれた赤いリボンが置かれ、その他、国名、発行年、金額が表示されている。
材質は、5シリングがキュロニッケル。10セントコインがニッケル真鍮(銅75,亜鉛20,ニッケル5の組成)。ディメンションは、5シリングコイン、七角形、差し渡し30ミリメーター、厚さ2.5ミリメーター、ギザなし、重量13.7グラム。10セントコインは、直径31ミリメーター、ギザなし、重量9.6グラム。

次へ

コイン綜合ページへ