古いコインと思いで

ベルギー旧1フラン

belgie1f.JPGbelgie1fr.JPGbelgie1f90.JPGbelgie1f90r.JPG
1957年と90年の1フランコイン、いずれもオランダ方式のコイン。57年のコイン表側は、ケレスの頭部Ceres head)がデザインされている。
Ceresと言うのはギリシャ神話のDemeterで豊穣の女神である。また、四季をコントロールするとされている。神話によれば、彼女は、Zeusとの間に娘がいた。希に見る美人で叔父に当たるHadesが彼女を誘拐し、地下に閉じこめてしまう。それを知ったDemeterは、娘が帰ってくるまではと、自らが持っていたあらゆる権威を放棄してしまった。すると世界は不毛に地になった。Zeusは、心を痛め、Hadesに娘を帰す様に言う。所が、娘は既にザクロを食していた。これは永遠にHadesのものになる事を意味していた。そこでDemeterは、Hadesと交渉し、一年の内半分は、娘が地上に帰り、母親と過ごせる様にした。地上に来ている時期が、豊かな春と夏となり、地下にいる時が秋と冬になったと言う。この神話は、紀元前496年に、そのころ飢饉に襲われていたローマに入り、Demeterは、Ceresとしてローマの神話に組み入れられる事になったそうである。Ceresは、cerealの語源である事は言う迄もない。
この女神像がコインの表になった。裏側は月桂樹、王冠、金額、国名が刻まれた。
90年コインの表側は、ボードウイン国王の肖像、国王名がデザインされている。裏側には、前回の50,5フランコインにも登場した120度の角度を持つ線による三分割があり、それぞれに王冠、金額、国名が記された。発行年は、19と90に分けられて刻まれている。

57年コインは、材質、キュプロニッケル 直径21ミリメーター、 重量4グラム。90年コインの材質は、ニッケルでメッキした鉄だと思う。直径18ミリメーター、重量2.8グラム。

次へ

コイン綜合ページへ