古いコインと思いで

ヴァチカン旧100,50リラ

今回は、迅速に新しい法王にベネディクト16世が4月20日に選出されたが、先月27日に帰天されたローマ法王ヨハネ・パウロ2世を偲んで、旅行中は、カトリック教徒の多いチェコとかハンガリーでは喪を表す黒い旗が掲げられているのをよく見た。
さて、バチカン市では、イタリアの通貨を使わず、わずか1000人にも達しない人口であるにも係わらず、過去から独自に通貨を発行して来ている。この制度はユーロになっても継続され、バチカンでは新しいユーロが使われる事になった。但しバチカンは、EU加盟国ではないので、イタリア枠内でユーロ通貨を発行している。
ここには1959年の旧50リラと100リラコインを載せた。当時は、ヨハネ23世が262代法王だった。1958年から63年までの短期間であったが法王の座に就いたヨハネ23世は、教会の近代化を中心に討議が行われ、現在のカトリックの世界憲章を作り上げた第二バチカン公会議を招集した。その結果は、次の法王パウロ1世の時代になってまとまり、実施に移される事になる。
vatican100.JPGvatican100r.JPGvatican50.JPGvatican50r.JPG
バチカンのコインの表には、発行された時の歴代法王の肖像が使われている。それはユーロに変わった現在も同じで、先頃までは亡くなったヨハネ・パウロ2世の肖像が刻まれている。ここに載せたコインにも当時の法王であったヨハネ23世の肖像がデザインされている。裏側は、先ず100リラコインでは、下部にFides(Loyalty)と記されている様に左手に十字架、右手に光彩のある水差しの様な容器を持つ女性が描かれている。その他に国名と発行年号の記載は他国のコインと同様である。また50リラコインの下部にはSpes(Hope)と書かれ、大きな碇を持った女性像が描かれている。この女性が持つ水差しや碇のの意味は、調べてみたが分からなかった。

コインは、共に材質は、ステンレススティール。100リラコインは、直径28ミリメーター、重量8.1グラム。50リラコインは、直径24ミリメーター、重量6.25グラム

次へ

コイン綜合ページへ