カスタマイズされた情報化

養老孟司先生がラジオの土曜エッセーで「人はどのように見られているか」と言う話をされていた。ローマの空港で乗り継ぎ便を待っている間に具合が悪くなり空港の医務室へ行った時の医者とのやりとりの話から話が始まった。そして最近は、患者は検査結果の集合体と見なされていると言われた。医者は、患者にさわりもしない。その顔色だとか気分などは勿論その情報には加えられることはない。患者を診るのではなく情報データー覧るのである。医者でもある先生がそう言う言われた。患者の実像、そう言うものは、診断ではノイズとしか考えられていないと言う。びっくりするような話だが、私も今年の4月の定期検診の時の事を思い出した。医者は、検査結果を眺めながら二三若干の問題がありますが、概ね正常で問題ありませんと結果の説明をしてくれた。しかし、検査結果が昔若い頃と殆ど変わらない数値と言っても、私自身は、全く状態が違うのである。もう少し言えば、検査結果の集合体である私は健康かも知れないが、実像の私は、これでよいと言えないし、問題なしと言えるのか疑問で一杯だったので、老人健診のあり方、これでよいのかと独り言に書いた。病気探しのためでなく、健康探しのためにである。今回、医者で学者である先生が同じような事を言われたので非常に驚いた。このような情報集合体として物事を捉える傾向は、最近ますます強まっているとように思う。実像は、ノイズの塊として疎遠なものとして扱われるとはなんとも情けない時代になったものである。若い人が結婚しなくなったのもこんな傾向と無関係ではないと言われていた。情報技術の発展と言うのは、本来の人間の姿をぶち壊しつつあるのかも知れない。実像と虚像、情報とノイズの折り合いがついていない。先生は情報のカスタマイズが重要になると言っておられた。確かにそう思う。先ほどの老人の定期検診についても、もっと老人の実像を取り込んだカストマイズされたより高度の情報化が重要だと思って居た。今すぐは無理でも、きっと そう言う事が実現する時代がやがて来るだろう事を期待したい。そこで初めて実像人間の存在意義が示される事になる。

(2017.09.03)

前回のものを見る

今週のページへ

独り言に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名付けの話

先日、冲方丁さんが名前の話しをしているのをラジオで聞いた。名前をつける方法に4通りあるそうだ。即ち、「意味で決める。音で決める。字で決める。運で決める。」の4方法だという。考えて見ると、私の名前などは祖父の名前を一字ずつもらって つけられているので単純に字で選ぶ部類に入るのだろう。子供の名前は、結婚式を挙げた思い出の場所の名前をもらったり、その子の永久なる幸せを祈ってつけたので4原則に当てはまっているように思える。孫の時は相談され、提案したが採用にはならなかった。名付けも親の我が子に対する思いや考えがあり、当然だろう。最近の子供の名前などを見ていると一見なんと読むのだろうと思ってしまうものが多いように思うが、文字の美しさとそれに読み方の美しさ、親の思いが込められているように見え る。見た目も格好良く、音読みは、しゃれてきれいな名が多い。
人名ではないが、私も花についていろいろと書いていると様々な花の名を知るようになった。学名は、あまり面白くないが、一般名、別名などで面白い名前に出会うことがよくある。学名の場合は、科名や属名に功績のあった植物学者等の 名前が使われることがよくある。後輩達が、先輩の業績を長くたたえに献名するのである。先週アップした例えばブッドレアでは、17世紀から18世紀初頭に活躍した英国の植物学者Adam Buddleに リンネによって献名されたものだろう。この植物は、その花に蝶や蛾が蜜を採りに、多数群がるので、英語の一般名では1Butterfly bushと呼ぶが、日本では花の形、美しさに視点を置いて「フサフジウツギ」t呼んでいる。また、英国では、ブッドレアの強い繁殖力で、戦時中爆弾の落ちた跡地などにも成育したので、Bombersite  plantと呼ばれ、戦争の記憶とも結びついた名がついていたそうだ。ブッドレアに限らず花の別名、一般名の付け方に、その国民性とでも言えるものが反映しているようで、花を見る目の違い感じることがしばしばある。日本では、花をやさしく美しく捉えた名をつける傾向が強いように思う。しかし、花の名の語源は、 そんな単純なものではなく、それぞれ、それを愛した人々の思いや長い歴史によって作られてきているのを忘れてはならないと思う。
ネットを見ていたら花の珍しい名前を60くらい挙げていたサイトを見つけた。半分以上は、私も知らない花だったが、随分変わった名があるものだと驚いた。アイウエオ順なので一番にアカマンマが挙がっていた。戦争中にゆでて菜のかわりに食した草だが、確認のためにもう一度調べて見ると、これはイヌタデのことで、通常は食べられないと書いてあった。もう少し読むと食べられるのは、ヤナギタデ、マタデと言う別種らしい。これをアカマンマと言って食していたことが分かった。本家のアカマンマ・イヌタデは、今でも庭でよく見る赤い花が咲く。「赤いまま」がなまってアカマンマと呼ばれたのだそうだ。もう一つ「地獄の釜の蓋」が書かれていた。キランソウの事だと知っていたが、この草は薬効があり、地獄はあがったり、休業で、釜の蓋をすると言う意味だとは、今回初めて知った。それと同じようなのにゲンノショウコがある。薬効があり、服用すればすぐ回復。現に証拠があるからゲンノショウコと名付けられたと言う話はよく知られている。なお、この草は「ミコシグサ」と言う名前もある。種子を飛ばした後の果柄の形が神輿に似ているからと言う。昔の人々は、色々考えて名をつけて来たものである。こうなると冲方式の命名法だけでは十分ではないような気がする。昔の人の知恵と直感に脱帽したくなった。

(2017.08.24)

8.07)

前回のものを見る

今週のページへ

独り言に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戦争の話

昨日、孫が兄弟でやってきた。小さかった二人、一人は社会人になっているが、一人はいつまで経っても大学を卒業したがらず未だに学生である。半年ぶりの訪問だが、二人とも無口、 それとも年齢が4倍ほども違う年寄りに何を話してよいか分からず話題探しに困って居たのかも知れない。私が一人でしゃべる結果になった。こちらもネタがつきかけた時、「じいちゃん。 戦争の話をしてくれないか」とリクエストがあった。明日は72年目の終戦記念日である。それでは戦争中の話をと思って話し始めたが、終戦時に私は15歳で16歳目前だった。まだ子供、 空襲に巻き込まれることもなく。傷つき倒れ、亡くなっていった人たちをも身の回りには居なかった。だからそのような修羅場の戦争体験もない。改めて戦争の話をしろと言われるとどう話したらよいのか 一寸迷ってしまった。そこで時系列的に話をまとめて話し始めた。私の小学校2年の時に日中戦争が始まった。それ以前にも満州事変などがあったが、この戦争が「戦争」と言うものをを自覚した初めての戦争だった。 その頃の日常の変化など具体的にはっきり記憶して居るわけではないが、近所の方が召集で出征して行くのを皆で見送ったり、食料の配給、贅沢品の追放など徐々に戦争の影響が生活へ出てきて、段々と息苦し さを子供ながら感じるようになってきた。米の配給制度や生活物資の供給制度などが始まった頃の母親の手紙蛾残っていた。妹がカレーライスを食べたいと言っているが、材料が十分になくてなど書いていた。 そして昭和16年12月第二次世界大戦に突入する。小学校6年生だった。中学時代は最後の一年間を除いて四年間は、学徒動員で様々な軍需施設で労働に従事した。戦争の後半になると戦況は悪化し、空襲も日ごと激化した。 毎晩のように空襲があり夜半に起きて防空壕に避難した。一日、一日がズタズタに刻まれたているように思える生活だった。食糧事情も深刻になったのを痛烈に記憶している。この頃のことが私の戦争経験の大部分であり、特に、 終戦直前の半年間ほどの体験に集約できその点をできるだけ詳しく話そうと努めた。しかし、いくら話としてまとめて語ってもそれは物語りであって、それを経験した者ではなくては体は理解できないだろう事も話した。あの焼夷 弾が空中でバラバラになって落ちてくる状況は、そしてそれが発する不気味な音、やがて立ち上る火柱は、それを異常な状況下に置かれた全身が覚えている。それは決して言葉に変換できなかった。もう一つ私が強調したのは国家 権力によるマインドコントロールの恐ろしさだった。今でも時々放映されるどかの国の戦士達の姿などを見ると我々もそうだったと当時が思い出されてしまう。そして私は戦時中の異常な死生観を孫に話した。当時、私は、子供であったが米軍が上陸してくれば、 爆薬を抱えて敵戦車に飛び込んで死ぬのだと本気で思っていた。その死には何の尊厳もなく、紙のように軽かった。この年になって抱く死の観念とは全く異なる。なんと表現していいのか分からない 無機質で内容もないものだったように思う。 当時暗記もさせられていた軍人勅諭には死は鴻毛より軽しと心得よと教えられていた事も伝えた。 最後に戦争は決してやってはならないが、どうしたらよいのかはその時代時代の人類の知恵を絞って考えなければならないことを話した。
017.08.25)


(2017.08.07)
前回のものを見る

今週のページへ

独り言に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネコパンチ

南伸坊さんが、また土曜エッセーで猫との戯れを話していた。もう数年経っているかも知れないが以前も同じように猫と戯れ遊びを話していた。それは「いない、 いないばあ」をもじった様な名前の遊びについてだった。今回はネズミのぬいぐるみのような玩具を使った「猫とのハンドボールゲーム」の話だった。 これほど猫との遊びに打ち興ずることが出来る人だから、さぞかし猫の愛好家だろうと思ってネットで調べたら「ねこはい」なる本まで書いている大のネコ愛好家であるのを知った。「ねこはい」とは猫が作った俳句 を縮めた言葉だと言う。猫になったつもりで俳句を詠んだ句集だと言う。「はねつきの 羽おいかけて ・・・・」「「鳩とった事もあったな・・・・・」などいくつかの句も載っていた。ネコであってネコでない視点が、ユーモアがあって面白い。 さて、今回は、前述の様にネズミの玩具をトイレの内と外で、おそらく少しだけ開けた扉の向こう側とこちら側で 手などを使って投げ、蹴り合う遊びであった。猫は、猫パンチと言うパンチを持っていて獲物などを殴 る習性があるそうだ。ネットに書かれている話ではそのパンチにも3種類あり、遊びのパンチ、不快感を表すパンチ、攻撃のためのパンチがある。遊びのパンチは、じゃれている時とか、かまって欲しい時にする仕草で、 押さえつけるようなパンチで結構受けると痛い程だというが、爪は立てないそうだ。南伸坊さんが今回楽しんだのは、この遊びのパンチの習性を利用したハンドボールゲームの様な遊びと言う事になる。しかも、 それに今回更に話には、落ちがついていて一層面白かった。それは猫ちゃんは伸坊さんより戦い方を心得ていた事で、遊びの途中から伸坊さんの奥さんに選手交代した。それを知らない伸坊さんは、粘り強く、真剣に戦いを続けさせられてしまった。 ようやく気づいてトイレから出ると奥さんは、にやにや笑っているし、ネコちゃんは、何をやっていたのとと言う表情をして寝そべっていたらしい。ゲームは兎も角完全に伸坊さんの負けである。
さてこんな時、猫ちゃんは、どんな「ねこはい」作るだろうか。例えば、「おやじさ 俺以上に パンチ好き」「奥さんの ネコパンチも 一ネコ前」、「長いこと トイレの中で ご苦労さん」かな。
(2017.08.07)

前回のものを見る

今週のページへ

独り言に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記憶と思い出

 

加計学園の国会審議に出席した多くの政府関係者が、しばしば答弁に使用した言葉に「記憶にない」と言う表現であった。 いくら多くの仕事をこなしているからと言って、総理が優先事項としと考えている事に関する事を忘れていいものだろうか。思い出す努力は不要なのだろうか。とにかく都合のよい急性認知症の方々が日本の政治を動かして来たのかと思うと空恐ろしくなるのだが、日和見認知症だと皆国民は分かっているので内閣支持率の急落にも連なった。内閣を守ろうとした行為が内閣の信頼を損なうと言う 皮肉な結果である。
人間の記憶というものは、脳がが正常ならばそんな簡単に失われるるものではないし、資料や同じ事を経験している人の助言などがあれば再現も出来る。話を少し方向転換するが、ラジオやテレビのなどを聞いていると、人は極めて頻繁に思い出話をする。多くのトーク番組はその思い出話で成り立っているようなものである。私のように新しいことが少なく過去の種々雑多な積み上げの上に生活している者ばかりでなくあらゆる年齢の人たちが思い出に囲まれて生きているような錯覚すら持ってしまう。
思い出は、楽しく、あるいは悲しくと言うように、様々な情感に包まれて話されるのだが、ラジオのエッセーなどで語られるのを聞いていると色々と感ずることがある。ある人は、自身の忘れれがたい経験としてを懐かしむ事を超えて、「こう言う素晴らしい経験をしているのだ。どうだ」とばかり話す人もいる。うらやましさも感ずるが、時には違和感も感ずることがある。またある人は、自分の社会への出発点を回顧して思い出を語る。それを今再び思い起こすことによって初心に返り、未来へ向かっての糧にしたいと積極的回顧と言える思い出を語っている。起業家など一人で道を切り開いていくタイプに多く、それを聞いていて感銘を受けたり、勇気づけられたり、 爽やかな気持ちになれるものである。
前回載せた完全な人生の主人公が、極寒のソ連に抑留され、日々過酷な労働を強いられていたある日ふと雪崩亡く した妻に手紙を書き始めるシーンがある。文面にはまるで彼女が生きている様にそして辛い環境下での泣き言一つも書かず、淡々と抑留されている場所の風景だとか、現況をさらりと書いた。妻に心配させない彼の気持ちがあふれ、それを伝えようとしていた手紙だった。 そして彼は、その手紙を地にそっと埋める。そして立ち上がる。著者は何故この場面を設定したのだろうか。妻の思い出を糧に困難が待つ明日へ雄々しく生きようとする主人公の姿が私の胸に迫った。我々の思い出にはこのような素晴らしい働きもある。ただ懐かしさだけ、悲しさだけの思い出も我々は沢山もって生きて来た。それらを 明日への原動力になる思い出に作り替えるのは我々自身であるのを改めて思った。
(記憶があってこそ思いでも残る。日和見認知症の方々の思い出はどうなっているのだろうか。蛇足だが。)
(2017.07.30

前回のものを見る

今週のページへ

独り言に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完全なる人生(Ein ganzes Leben)

先週聖路加病院の日野原先生が105歳で亡くなったと言うニュースがあった。先生の100歳を超えてもお元気で常に前向きな生き方をテレビの画像などを通じて接していたので私には先生は不死身の方のような印象がしっかり植え込まれていた。そのニュースが流れても亡くなったと言う事が信じられない様な気持ちでした。今日は、平尾昌晃さんの訃報が流れています。最近、私と同年代をともに生きた有名人の死去が続き伝えられ、いよいよ我々の順番が回ってきているなと思ったりすることも多くなりました。たまたま最近読んでいた小説は、先日ドイツにいる姪がお土産と言って持ってきてくれたもので、題目は、「Ein ganzes Leben」・完全なる人生だった。親から捨てられたも同然にある農夫のもとに預けられた主人公・一人の男の子が、たくましい生命力で生き、様々な苦難と戦いながら成人になり、家庭を持つ。その平穏な生活もつかの間、ある冬も終わり春も間近なある日の夜半、突然襲っ てきた大きな雪崩に、妻は家もろともながされ死ぬ。自分自身も大けがをする。悲しみの中、妻を探し出し弔い、黙々と働き続ける。やがて戦争も激しくなり身障者の彼も徴兵され戦地へ向かう。 派遣された戦線はソ連だった。捕虜となり、極寒地へ送られ、そこで過酷な労働に耐えながら抑留生活を生き抜く。Hitler kaputt(ヒットラーがだめになった)と片言のドイツ語でロシア兵が教えてくれた終戦後も長く抑留される。ようやく浦島太郎のような状態で故郷に帰国、しばらくして山岳ガイドしながら年老いていく。とその生き様を書いたもので、 最後はバラック小屋ような粗末な自宅で冬のある日、明日と言う時間が今日と同じよう流れのを信じながら一人あたかも朝食の途中で居眠りしているように静かに死んでいく。 そこには裸の人間、加工されていない人間の生きざまがあった。そして「ein ganzes Leben」と読み終えた時、私はもう一度つぶやきました。
日野原先生のような生き方もこの小説の主人公と同じようにein ganzes Lebenでしょう。人には様々な生き方があり、その数だけ死に方があります。私もこの年になると死は、恐ろしい存在ではなくなりました。しかし、 死と向き合って考えるとすべてが釈然としているかと言うとそこがはっきり言えないのです。未知なる体験に対する漠然とした不安、思いなのかもしれません。 日野原先生は、命というのは時間が与えられたと言う事だと言っておられた。これは、おそらく生きているという事は時間を与えられたと言う意味だと思う。 この時間をどうするかによって生きている事、死の意味が変わってくる。過ぎ去ってしまった過去でなく、今与えられた時間が、我が生と死を最後に止揚させると言う希望あると受け止めた。

(2017.07.23)

前回のものを見る

今週のページへ

独り言に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遂に眼が見えなくなってきた

今週の話題も、朝のラジオ番組・土曜と日曜エッセーの中に見つける事は出来なかった。しかし、土曜日の仲代達矢さんの話は興味深く聞きました 。今年10月に公演するベルトルト・ブレヒトの「肝っ玉かちゃんと3人の子供達」(Mutter Courage und ihre Kinder)という演劇・反戦劇だそうですが、 その話をされていた。3人の子 供を戦争で亡くしながら酒保の商売で金儲けをするある母親の物語らしい。芝居は見に行けないが、是非本の方は読んでみたいなと思いながら聞いていた 。しかし、 本を読むと簡単に書いたが、最近、私は活字を読むのが実に大変になってきた。新聞はだめ、かなり大きく書かれている文字でも読めない、5月になって急に視力が落ちてしまったからで、 元々緑内障で視野が徐々に狭まって来てはいた。左眼は、眼の中心部分まで視野が欠け、殆ど見えなかったので右眼でなんとか視力を維持してきた。その右眼が何らかの理由で視力が急に落てしまったのだ。その上、老眼も急速に進行し、手持ちの老眼鏡はすべてが使えなくなってしまった。現在は、ルーペを使用して字を拾うように読む事によって新聞などを読んでいた。これもルーペの位置が長時間安定に維持できなくて ものすごく読みにくい。少し読むだけで疲れてしまっていた。パソコンの作業も片手にルーペを持って進めている。それでも誤りが多く、時間が倍以上もかかるようになってしまった。 これで失明かなと気持ちもすっかり滅入っていたが、医者からルーペで見ることが出来るならば、矯正出来るはずと言われて少しは安心した。しかし、慌てて作った眼鏡は、もう使えない。これは眼の状態が日々変わっているかららしく、 まだ安定するまでこの状態を我慢しなければならなそうである。そしてこの年齢、果たして安定するのだろうか不安でいっぱいだ。
原因は、医者は分かっているのか、分からないのか、何も言わない。5月まで緑内障治療のため点眼していた点眼薬は4種類あった.。その中でGと言う点眼薬 は、かねてから私に適合してなかった。眼にアレルギー状態が起き、時にはひどくかゆみを覚えていたが、他に適当な有効な薬がないという理由でそのまま 使用しつけていた。この副作用が極限に来て角膜にも異常が出始めた。その結果が急激な視力低下となったと言うのが自己診断の結果である。さすがに医者も重い腰を上げて薬の変更をしてくれた。そして、現在は、 角膜の治療も行っている。老眼は、角膜のひずみで起きる症状と言う事なので老眼の急な進展もそれで理解できそうである。 そう言う事で、当面の対策として今話題の葉月ルーペというものを購入してみた。結果は、悪くはないが、1.6倍という倍率が不十分で、更にルーペも併用してなんとか活字が読めている。 原因が、単に薬の副作用でも、回復にはもう少し時間がかかるらしい。 活字が読めないと言うのはこんなに辛いことだと、改めて知った。「年ごとに、つらさもつのる 老いの道」。
2017.07.16)

前回のものを見る

今週のページへ

独り言に戻る
navy

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カタカナって大事じゃない

今週は、東京都議選での自民党の大敗について少し触れない訳にはいかない。最近の政界における自民党の暴走は、かねがね苦々しく思っていた。国民の思いとは別にと言うよりそれを無視しているとしか言えない態度に 驚き、あきれていたし、腹立たしくも思っていた。安倍首相が繰り返す「深く反省」なんて言う言葉も空虚な響きを残すのみ。度重なる国民を愚弄した行動には、こんな政党を、 こんな人を選だつもりはなかったのにとの思いが募るばかりだった。一方 野党の力なさ、国民はどうしたらよいのか。その溜まり溜まったエネルギーが今回の選挙結果に出たわけで 、決して都民ファーストの会の主張が受け入れられた訳ではないと思う。ガス抜きの結果が示した結果がこうだっただけであった、それでもおごる安倍政権には大きな教訓を残した筈で、 これが分からなければ引き続き政権を担っていく資格がないと国民から見放される日も来るだろう。と言う事で非常に意味がある選挙だったと思った。
この話はそこまでとして、今週の話題はカタカナである。日曜エッセーを担当した映画監督のタナダ・ユミさんが、何故彼女が自分の名前をカタカナで表記して いるかについて触れて「カタカナは最も役に立たない仮名だから」だと言った事に意外な感じを持ったからだった、カタカナはそんなに役に立たない仮名だろうか。まず思うのは、 今ちまたに氾濫している新しい表現、新しい物品、事象などにはもっぱらカタカナが使われて表現されている。あまりにも先端過ぎて私などは理解できないことも多くある。まさにカタカナ無しでは多くの会話も成立しないし、文章だって書けない。カタカナの不可欠、重要性を誰でも認めるところだろう。私が小学校に入学した時の国語の教科書は、「サイタ。サイタ。サクラガサイタ。」 で始まり、先ずすべてカタカナで書かれていた。だから最初に教えられた仮名は、カタカナだった。また、当時、重要な書類は、漢字 とカタカナで書かれていた。勅語類、例えば最近話題になった教育勅語も漢字とカタカナだったし、私の小学校、中学校の卒業証書、また父親の仕事先で受け取っていた辞令もみんな漢字とカタカナで書かれていた。おそらく官公庁の公文書も同じだっただろう。 これは明治時代に定められたものらしい。これがひらがなを使用するようになったのが終戦後であった。私の卒業証書も高校から漢字とひらがなに変わっている。 こう言う事の知識は乏しいが、カタカナ、ひらがなともに7,8世紀に誕生している。ともに万葉仮名などから借字を経てそれぞれ独自の発展をして我々祖先が使ってきたものである。カタカナが最も役に立たない仮名だと言うのは誤りであり、現在ではひらがなでは表現できない現代語にさらなる華を添える重要な仮名になっていると思うが、どうだろうか。
(2017.07.14)

前回のものを見る

今週のページへ

独り言に戻る
navy

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弁当

今週は土曜日のエッセーは、立川談志の弟子の立川某氏が弁当についてその定義 から 歴史を遡って面白く話していた。そこで今週の話題にその弁当を頂くことにしました。
この頃は、弁当全盛時代でどこへ行ってもいろいろな弁当がショウケースに一杯に並べられている。まさによりどりみどりである。高級品になるとも何千円もするし、弁当などと簡単に言えるものではなくなる。庶民向けの一般品はまたこれも様々、山のように並べられて売られている。私などはこの一 般品のターゲットで、もっぱらスーパーなどの弁当にお世話になっている。しかし、こう言う弁当は、容器に品物が並べ詰め込まれている様なもので、風格などは全く気にしていない代物が 普通である。ただ簡便さに感謝して頂くくと言うもので、やっぱり本来の弁当とは大分異なった物になっていると思う。 立川某氏はサンドイッチは、彼の感覚からすれば弁当の類いに入らないと言っていた。
英語辞典で弁当を調べるとLunchが出てくる。昼食を意味するLunchと同じである。Lunchboxと言うのもあるが空の弁当箱とどう違うのだろうか。ドイツ語では、妙な単語が出てきたMundvorratとあった。これは携帯食とある。 フランス語は、Boite a la Lunch、イタリー語でも scatelle di prango いずれもLunch boxを意味している。では弁当を食べるを翻訳するとどうなるだろうか試してみた。ドイツ語、 フランス語、イタリー語、いずれも昼食を食べると言う言葉が出てる。外国では、「特に弁当を特別に意識していないらしい」とまず思った。 これは西欧食文化の特徴を示している。と言うのは昼食はそれなりの機能を備えた家庭、レストランやカフェテリアで摂る習慣が長い歴史を持ち、 ごく当然だと受け止められていると言う事だろう。以前一度書いた事があるが、ランスに技術援助でしばらく滞在したとき、製造現場の作業者は弁当を持参していたのを覚えている。その弁当と言うのは簡単なものでフランスパンを縦に切れ目を入れ、そこにチーズやハム類を挟み込んだものだった。それにコーヒーや、ワインを持ち込んで現場の機械類のそばで昼になると黙々と食べていたのを思い出す。まさに弁当そのものだった。しかし、こう言う弁当を持参するのは一部の労働者のみで極めて例外的な事だと後にどこかで聞いた。やはり弁当文化は欧米には以前は存在しなかったらしい。
ウイキペディアに載っていた弁当についての記載を読んでみた。すると弁当は、日本独自の文化で、 すでに平安時代に存在していた事、本格的には最近、近隣諸国に広がりつつある事など書いてあり、驚きました。このように日本に非常に豊かな弁当文化が生まれたのは、国民性だけではなく、日本の良質な米によるのだそうです。ちなみに日本最初の弁当は、その米の味を満喫できる「おむすび」だったそうです。
前回のものを見る
(2017.07.02)

前回のものを見る

今週のページへ

独り言に戻る
navy

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カトリックと右左

今週もラジオのエッセーからテーマを頂戴するつもりでいました。ところが最初の土曜エッセーは 声優の某氏が声優とはと言う説明だけに終わり、テーマにはなりにくい話でした。日曜エッセーは長野南部の地震緊急放送で結局放送されず、私は、テーマを見つけることが出来ずでした。地震の緊急放送は、最重要な放送と分かっているものの、がっかりした次第です。実は今朝時間を間違えて5時半に起きてしまい、放送を待っていたこともあります。 しかし 、時間を間違えたから言うのではないのですが、緊急放送にNHKはもう少し工夫してもらえないものか。地震もない地方にも同じ地震の情報が、繰り返し放送され、こちらが聞こうとしてい る番組があってもお構いなしに急に切られる。テレビも同じでもう少しきめ細かくやってほしいとどうしても思ってしまう。今の技術を持ってすればもっと必要情報を必要としている地域にだけに送る事が可能だと 思うので是非実現してほしい。
そこで今日の話題には、カトリックにおける右と左の問題を取り上げてみる事にしました。 私たちの教会では、最近聖書を朗読したり、答唱詩篇を唱和したり、神父が説教する説教壇を祭壇 を背にして、左側にあったものを右側に移動させました。 奉仕する人や神父様の姿がよく見えるように改善したのかなと簡単に思っていました。しかし、もっと深い理由があるらしいのです。右と言う位置の問題は、普段ミサの中でもよく語られる事です。例えば、信仰宣言の中でもキリストが死んで三日目に復活し、天に登り、 父なる神の右に座すと言う文言があります。何故左ではなく右と教えているのだろうかと言う事は、私はかねてから不思議に思っていました。ネットなどに載って いる説明では、人間の多くが右ききだと言うちょっと宗教らしからぬ理由もありますが、多くは、昔から聖書にいくつか右が正しい事が述べられていると理由は示さないで書かれている様です。 先日、教会の集まりで神父様から、これについて次の様な話を聞きました。「旧約聖書エキゼキエル書と言うのがあり、その47章に「命の水」と 副題がついた章あります。ここに湧き出た命の水の流れ方が右と左の重要性を決めている根拠だ」と。私はまだよく分からなかったので、エキゼキエル書を広げて私なりに考察してみました。ここに出てくる神殿は東に面していた様です。そして命の水は神殿の南側で湧き出で東側に流れ、その後、大きな川になって多くの「生命」を養うのですが、この位置関係を聖書の記載から推察すると神殿の中にある祭壇は西側にあり東を向いていたようです。水は神殿の南側から湧いた。と言う事は祭壇を背にして右側に湧き出たと考えられます。命の水は右側と言う考え方が生まれる。そして右側が祝福を、救いを授ける正しい位置である事の根拠になるのかなと理解しました。しかし、エキゼキエル書は、神殿の大きさについては色々書かれているのですが、全体の位置関係が把握しにくいので前記した位置関係が果たして正しいかどうか、また現在の教会バシリカ様式の配置だと南側は祭壇を背にして左側になるのなどもう少し検討する必要があり、まだはっきり理解出来ませんでした。簡単な右左、宗教となるとまた難しいもののようです。
    (2017.06.25)

前回のものを見る

今週のページへ

独り言に戻る
navy