雑草との戦い・その後

「この頃は、NHKの朝の放送・土曜や日曜エッセーから独り言の題目を頂く事が多い」 と先週書きました。今回は音楽家の大貫妙子さんと冒険家の三浦豪太さんの話でした。二人の話は;偶然自然界の話で、大貫さんは自宅の庭で 見る名もない雑草と言われている草花の話、三浦さんはヒマラヤ登山などで荷物の搬送に使うヤック(牛の一種)の話をされました。そ こで今週は我が家の雑草戦争、昔同じ様なことを書いていますが、久しぶりにその後の話を話題にしたいと思います。大貫さんは時々 自宅の庭にしゃがみ込んで雑草の観察をする話をしていましが、私も数年前までは庭の雑草を抜く大仕事を年に何回かしたものでした 。その時は、よく雑草と向かい合って色々観察したり、その生きる知恵に驚かされたりしていました。このページにもその話を必ず載せ ていました。最近は、すべて娘達がやってくれるので庭に出ることも殆どなくなりましたが、庭は非常に整理され、きれいになりました。 思い出すのは、ドクダミ戦争です。大貫さんは、きっと心も広く優しいのでしょうドクダミとの平和共存を実現しているように思えまし た。彼女は、ドクダミの花を仏壇に生けていると言っていました。とてもよく調和し美しいそうです。私は、ドクダミを目の敵にしていました 。確かにドクダミの花は、よく見るとなかなか均整のとれた形をしているし、あの白い花の色もある種の気品のようなものをもっています。だが気にく わないのは旺盛な繁殖力でした。抜いても抜いても生えてくる。時には抜く前以上に増えてしまう事です。大事にしている他の花の領域をどんどん 侵略することも気に入りません。大貫さんのような優しい気持ちなどとても、とてもでしたし、戦いも負け戦でした。娘達はそこに市販の強力な農薬を 応用した近代戦を挑みました。葉に丁寧に塗り込むと選択的に枯らしてしまうタイプです。おかげドクダミのコントロールに成功できました。大敵だった笹 も同じ方法で退治に見通しがたちました。笹があちらこちらに生えていると庭が一層汚らしく見えるし、他の植物の根の中まで入り込ので困り果てていたもので した。今日大貫さんはヤブカラシから採った蜂蜜が上品な甘さを持つ事を話しておられましたが、ちょっと驚きました。これも10年ほど前から我が家の迷惑雑草だ ったからです。花はメールヘンぽい色や形をしていますが、茎を千切ると不快な匂いがするし、どんどん増えるので少々手を焼いていたものでした。最近、増え ているものにヘクソカズラがあります。小木に絡んで小木の生活を妨害しているように見えます。千切ると悪臭・メルカプタンだそうですが出ます。自らは虫害を防ぐ ために放出するのだそうですが、その名に恥じぬ悪臭です。しかしその実はムカゴであぶって食べても結構おいしいものです。
娘達の管理で我が家の庭は過去最高 に整理が行き届いてきれいになりました。しかし、自然の世界では何かが減れば必ず何かが入り込んできます。静かな庭でも自然淘汰の争いの場でもあります。そのスト リーを私たちにいつも語ってくれ大貫さんのみならで興味は尽きません。どこかの国の政治ドラマ を見聞きするよりずっとさわやな気持ちになれる事ばかりです。「そうでしょう」と我が旧敵ドクダミでも言うかも知れません。
(2017.06.18)

前回のものを見る

今週のページへ

独り言に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユーモアとブラックユーモア

この頃は、ラジオの土曜エッセーや日曜エッセーから題材を頂戴することが多い。今回も先週の土曜エッセーの哲学者で作家の土屋賢二さんの話か らヒントを頂いた。先生は最近「ユーモア小説の書き方」と言う本を書かれた様で、ユーモアに非常に関心をもっておられるらしい。ユーモアの こつはどれだけ馬鹿げた事を考えられるかだと言っておられたが、ユーモアを聞く人にとっても分かる、理解できる内容でなければなかなか 上手に反応のしないものだと思うので、優れたユーモアとは、洗練された馬鹿げたことをいかに考えつくかにかかるのだろう。。先生は、お茶の水大学で哲学を教えておられる。そこでの話を一つ紹介された。 カントの哲学の授業の後一人の学生が講義の内容で理解できなかった事を質問しにやってきた。カントの哲学はなかなか難解だそうで 先生も即答しにくかった点もあったのかも知れないが、質問した学生に「何か神様のようなもの(私にはここがよく聞き取れなかったのですが)に聞け」 と答えられたそうです。学生は帰っていったが、翌日また来て「聞きましたが、やはり先生に聞けと言われました。ただしあまり当てにならないかも知れない。 」と言って来たそうです。これなど素晴らしいユーモアで、聞いた私は学生に感心しました。おそらく優秀な学生でしょう。私などユーモアの 言葉を知っていても最近ユーモアに出会った事がない。生活にゆとりもなく、その日その日を元気に過ごすことに精一杯 と言う事があるかも知れません。ところがブラックユーモアだけはたっぷり聞くし、言ったりします、今の国会での審議状況やマスコミの報 道などにさらされると、それ以外の、情けないがユーモアなど到底言う気になれないのが現状です。ユーモアはおそらく健康にもいいでし ょうが、と言うわけでユーモアから遠ざかっています。
ユーモアでもう一つ付け加えたい話があります。聖書は、私は教会に行くのでよく目にします。 聖書の内容は、ファクトとメッセージから成り立っています。多くの喩えも書かれています。その中にユーモアめいた事が一つ二つあってもいいのですがなかなか見つかりません。ところがブラックユーモアではないかと思いたくなる箇所が あります。ルカ福音書16章「不正な管理人のたとえ」です。この箇所は聖書でも難解な箇所として知られている所らしいのですが、かい摘まん で内容を記すと「ある金持ちの財産管理人が不正を働いていることが発覚する。そして主人は彼を解雇しようと考える。それを知った管理人は更に 不正を働いて主人に借りのある人々の証文を勝手に書き換えて負い目を半額に減額してやる。支配人は解雇された後、 彼らによくされたいと言う下心があったためであった。この不正を知った金持ちの主人は、彼を褒めた}と言う物語である。 聖書の普通の解釈では、貧しい人に施しをすることは人の勤めとされており、負い目を減らしてやることはそれに当たると 解釈されるらしい。ところが負い目を負う人が、みな貧しいとは限らないし、この聖書の場面でもはっきりしない。 まして解雇されたらそこで世話になろうとする管理人の思惑があるので、その点が一層不明確である。私は、助け方も色々あるはずで、主人に対する腹いせのごとくさらなる不正をして貧しい人を助けた如く見せ、結果は自らを助ける事をよしとする解釈はおかしいと思う。むしろ褒めたというのは記述者ルカのブラックユーモア 、それによって管理人の不正を正そうとする主人の思いをにじましている様に思いたい。私利、私欲ため不正を働いたものに対する辛辣な怒りの表れだと解釈するのはどうだろうか。
ユーモアは、心に平和とゆとりをもたらす。ブラックユーモアは、時には不正をただす役目も持っている。果たした現在世に横溢しているブラックユーモアはどう機能しているのだろうか。
(2017.06.11)

前回のものを見る

今週のページへ

独り言に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロット

先週末の作家川上未映子さん土曜エッセイ、今週の日曜エッセーの両方を聞きました。サタデーエッセーでは、村上春樹さんが小説を書くときにプロットなしで書き 始める話がありました、今朝の日曜エッセーは作家で、書評家の武田砂鉄さんでしたが、面白い本を選ぶとき書店の本の並べ方が大きな影響を持 っていること・すなわち、書店主の考え方、プロットという言葉を使えば 個性あるプロットによって読みたい本が発掘出来る確率が異なってくる事が話されていました。この二つの話を対比して私は、面白いなと思ったので した。まさに蛇足ですが、私も独り言を書くときに およそ何について書こうかなと思うくらいでどのような筋道にしようかなどについてはあまり考えずに書き始めます。 従ってどのようにまとまるかはいつも自分でも分かっていない。しがない私の独り言だからそれですときむし、自分の能力からすればそれでも それがせい一杯と言う思いもあります。しかし、、書き上がって読み返し今日は少しまともだと思う時もあり、 そういう時はなんとなく筋が出来ているように思う事もあります。余計な事を書いてしまいましたが、村上春樹さんの場合は、彼の類い稀なる天才的才能がプロットなしで小説を書くことを可能にしている のでしょうが、あのような大作をプロットなしで書き上げると言う事は想像が出来ません。 筆の滑りに従ってプロットが次々に生まれてついてくる。作品に姿を変えると再び次々に消えていく。そういうことが起きているのかも知れない。 こう見ていくとプロットの役割やそれについてそれぞれの考え方の違いが見えて来て興味深区思えます。従って、前述した二つのエッセーは、プロットの役割の重要性については同じ事を意識しているのだと思えてきました。
もう一つプロットの話をしてみたいと思います。 最近政治の世界では、 ある書類を巡って、次々に発見される裏付け書類などから、客観的に見てその書類は明らかに 存在しているものと思われるにも関わらず、その存在は確認できないか。誰も記憶にないと言う言葉が頻繁に関係者の間から述べられています。それも何も恥じること なく堂々と語られる。聞いている国民としては腹膨るる思いが募るばかりです。これなど作られた完全なプロットに従って登場人物の 台詞まで決められ、役者はその通りしゃべっているだけに過ぎない葉に見えます。まさに下手な役者の姿が情けなく我々には見えてくるのは否めません。 そして、それは数の力による政権を無傷に保つ寸劇と言いたくなります。前川元事務次官が書類の存在を明らかにした時の官房長官の狼狽ぶりは何だった のでしょうか。完全無欠であったはずのプロットの一角に思いがけずも傷が入りそうになった時の慌てぶりが丸見えだった。いずれにしてもこんな 類いの寸劇は今年の2月以来ずっと上演中です。政府もつまらないプロットにいつまでも固執しないで一日も早く白黒つけてほしいものです。
所でプロットとは何か。第一義は陰謀です。第二は小説などの筋だそうです。そして目立ちませんが計画と言う意味もあります。
(2017.06.05)

前回のものを見る

今週のページへ

独り言に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロボット

今朝の日曜エッセイは、漫画家の某女史がロボットのことを話していた。彼女は愛玩用のロボットを購入して家においていたそうで、 こちらが話しかけるとそれなりに答えてくれるものらしい。こう言う類いのロボットは、話しかければ話しかけるほど色々覚えてそれに対する回答 も豊富になるものだと言う。よく出来ているものだと感心して聞いていると、そのロボットも最近ついに壊れて、最後は異常な震えを起こして機能しなくなったらしい。 彼女の表現によればロボットが死んでしまったと言う事になった。元々生物ではないのに死んだとは妙な言い方だが、逆にい言えばあたかも生き ているような感じするするロボットだったのだろう。ラジオ基礎英語3にもロボコープスというロボットが登場していて英会話の勉学の手助け、表現のしかなどネーティブスピーカーがどのように使用しているかなど瞬時に示して してくれている。こちらはロボットではなくおそらくコンピューターの様なものだが、日常にロボットを持ち込んで放送内容をより面白く見せようとする意図が読みととれる。 ではこれほど身近な存在になりつつあるロボットとはどのように定義されているのだろうかと調べてみた。一般的には人に代わって何らかの作業を 自律的に行う装置、もしくは機械とウイキペディアには書いてあった。しかし、今ではその範囲が大きく広がり簡単に定義づけるのが難しくなって いる所も出てきているらしい。また、ロボットの語源は、1920年にチェコスロバキアの小説家カレル・チャペックが発表した 戯曲に登場するロボットのようなものに由来があり、チェコ語で強制労働を意味するロボタやスロバキア語のロボトニークから作られた造語だと 記されている。まだ百年ほどの歴史しかない言葉のようだ。 この戯曲のあらましもネットに紹介されていて大変意味深い内容だった。戯曲の内容は、 ある島にあったロッサム万能ロボット会社と言うロボットの製造販売会社の話で、まずロボットの保護と社会地位向上を図りたいと言う意思を持っているエレナ と言う女性・会長の娘が登場する。2幕ではロボットはますます発達し、普及し、人々は全く何もしなくなる。子供が生まれなくなった。彼女も、その後社長と結婚したが、 子供がいなかった。エレナのロボットの地位向上の気持ちは変わっておらず、ロボット達に人工命を吹き込んで人間近づけようとする。ところが、 命を吹き込まれたロボット達は、人間に対して反逆に立ち上がり、労働をいとわなかった建築労働者アルクイスト一人を除いて人間は ,すべて殺されてしまった。ロボットの世界が登場したように見えたが、命あるものは必ず亡びるのたとえ通りロボット達にも衰退が、 滅びが訪れる。そしてそれを救ったのは一人生き残っていた人間アルクイストだった。と言うのがあらすじでロボットに蹂躙される世になっても それをコントロールできるのは意思ある人間である事を作者は言いたかったのだろう。現在、ともすれば何事も楽になる方向に、安易な方向に、 流れていく傾向の私たちは人間である。それに対する辛辣な警告として受け止めるべきだと思った。なおこの戯曲の翻訳物は色々と出版されているので興味ある方はそれをお読みください。
(2017.05.29)

前回のものを見る

今週のページへ

独り言に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二つの話

昨日朝、ラジオを聞いていたら由紀さおりさんが、以前にどこかで講演をした時の再放送があった。ほとんど終わりかけていたので内容が完全に 理解できたかどうかは分からないが、どうも最近の曲と昔の曲の特に歌詞について述べているもののようだった。彼女は自ら時には歌いながら、 最近の歌がいわゆる字あまりになっていて余白がない事を指摘している様だった。この歌詞の余白は実にいろいろな意味があり、 それによって聞く人々の心にその歌詞の含む、また言外の領域にまで想像力をふくらませ、歌そのものを深いものにする。聞き手と歌との距離を ずっと身近なものにする。一方 歌手にはそこで息を継ぐポイントにもなるらしい。今の多くの歌が字余りで休みなく言葉をつないで歌われる。私は最近の歌をほとんど知らない。 また知ろうともしない。聞いていてただやかましいと感ずるだけで何も心に残らないものが殆どである。もしかしたら由紀さんが指摘している 事も同じなのかもしれないなと思って話を聞いていた。私は、眠りにつく前、よくラジオを聞く。主にその日のニュースやそれの解説などが多いが、 週末などにはそういう番組がないので音楽を聴いている。昔はクラシック音楽の放送もあったが、近頃はそれもないので歌番組などを聞くのだが、 最近の日本の歌は、前述のような理由でやかましくて聞いていられない。そこでよく聞くのが時によく聞こえてくる韓国の歌番組である。 韓国語は全く分からないが、メロディがとても気に入っているし、それに由紀さんが指摘している歌詞に余白があるように聞こえる。 静かで情感があふれている。だからとても気に入っている。なんであんなに素晴らしい曲を韓国では作れるのに、最近の日本の曲と言った ったら跳んで、はねている様な曲ばかり。特に就寝前には絶対聞く気も起こらないし、聞いても心が安まらないだろう。由紀さんはおじいちゃん、おばあちゃん昔の歌をお孫さん達 に古くさいと言われても歌ってやってくださいと言って講演を締めくくっていた。
今日、日曜エッセイと言う番組で古市憲寿氏が、外国旅行の話をしていた。 彼はよく外国を旅行するそうであるが、この頃は、旅行中に外国語が不要になってきたと話をしたのでびっくりした。 聞けばスマホがあればすべて事足りるという。最近は、ソフトが充実してきて、そのソフトを使いこなせれば空港に降りてタクシーを頼むにしても そのソフトがやってくれるそうだ。行く先もを示せばタクシーのカーナビが連れて行ってくれ、料金は自動的にカードで引き落としになる。 レストランではメニューにスマホをかざせば翻訳してくれると言った具合だとか。こちらが用意しなければならないのは愛想いい笑顔だけだと言う。 昔は一生懸命覚えた片言の外国語を使い、うまく通じるとそれだけでも外国へ来たような喜びを感じたものだが。それらはみんな機械に奪われて しまっているらしい。私のような古い人間にはそれでは旅行の楽しみが半減してしまっている。
この二つの話は,別の話のように思えるが, 同根の問題のように思えた。 人間の持つ機微な感情などは、もう現代では不要品になっているように扱われているからである。異議ある老人は消え去るべし。段々面白みのない世の中 になっている。
(2017.05.21)

前回のものを見る

今週のページへ

独り言に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の家族旅行

連休の翌週、箱根に1泊の旅行をした。ここ数年毎年同じ頃、娘夫婦が計画してくれている旅行である。 宿泊するホテルも毎年同じ、ツツジで有名芦ノ湖畔のホテル。去年は、タイミングよく丁度満開のツツジが楽しめた。 しかし、今年は、開花が遅れているとの事でまだ3分咲きだったが、またそれなりに美しいツツジの花を楽しめた。最初の日は、 あいにくの雨だったが、翌日はすっかり晴れ渡り、早朝には富士山がツツジの花の上に大きく姿を現し景観に重みを添えてくれていた。 昨晩の夕食も手のこんだ料理を久しぶりに親子で美酒とともに楽しむことが出来たが、朝食も楽しみの一つ。テラスでちょっと涼し過ぎた朝の空気 を感じながらツツジと芦ノ湖、それに富士を眺めながら摂る。ホテルで焼いているパンがおいしい。コーヒーも独特の風味がよい。何杯も飲みたくなる。そしておかわりした。 食事を終えて早めにチェックアウト。2,3の観光スポットを訪れる。お目当ての定番は湿生花園だが、今年はケーブルで駒ヶ岳や大涌谷を訪れる。 ここは何回か訪れたことのある場所である。今まで気づいていなかったが、全くバリヤーフリーが考慮されていないケーブルの駒ヶ岳山上駅に 改めて驚く。自分も年をとったものだと言う実感とともに。
日本には外国の観光客がたくさん来ているとテレビなどで聞いていたが、今回、旅に出てそれも実感した。アメリカ人のグループ、スペイン 人のグループ、それに中国人のグループに会った。みんな精力的に動いている、こんな所に来て面白いのだろうかとお節介にも思う。 ツアーの中に 組み込まれなければこんな所には来ないだろうなと要らぬ心配をする。我々も、昔、海外旅行の時、ツアーに組み込まれた観光スポットを 面白くても、面白くなくても黙々と歩いた事を思い出す。いや、それはとにかく、たくさんの外国の方が日本を訪れて楽しい旅行をしてくれたら 本当に喜ばしいことである。
昼を大分回った頃、箱根湿生花園を訪れた。去年も同じ頃、訪れていたのだが、花が少なかった。 今年は、しかし、昨年よりも全体に開花が遅れていることもあってか、お目当ての花も多く見ることが出来た。入り口近くでは、 日本サクラソウの展示コーナーが出来ていた。昔は深大寺植物園などでもよく見た記憶があるが、ここの所、遠ざかっていたので嬉しく楽しめた。 先週の散歩道の花にも載せたが、日本人の心にはぴったりの花だと思う。その豪華さや美しさを控えめに見せてくれる花である。 園内随所に咲くクリンソウやシコクカッコソウなども嬉しかった。
毎年訪れているとどこに何が植えられているかがおよそ分かってくる。 期待して行ってみると、時には消えてしまっているものもあるし、花どころかと言わんばかり小さくなってしまっているものもある。色々管理には気を遣っているのだろうが、命あるものは はかない。はかない故に美しいのかもしれない。 そして見て回る自分たちのもずいぶん変わってきている。体力が落ちてきている。私の場合は、特に視力が落ちている。離れるとよく見えない。 初めての経験である。そして記念撮影をすると自分は大きい方だとずっと思っていたのだが、写った写真は貧相な小さな姿である。枯れていく 花は小さくなっていく。それと同じだ。でも、 これから写真を撮るときは、せめて前の方に場所をとろう。そうすればもう少しは大きく写るから。
(2017.05.15)

前回のものを見る

今週のページへ

独り言に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくましくなった姪に妹を偲ぶ

今年の連休が始まった頃、ドイツに住んでいる姪が何年ぶりかに帰国して訪ねてきた。私のホームページの「独り言」を読んでいてくれると言う彼女私の勉強の足しになるかもと本を2冊土産にくれた。何よりのプレゼントである。 ドイツ滞在はもう30年を超えるが日本語も昔と全く変わりがない。しかし、すっかりたくましいドイツの小母さんになっていた。ミュンヘンの近くのかなり大きな書店の副店長をやっていると言う。 書籍の購入にも携わっていると言う活躍ぶり。たくましくなければ務まらなそうな仕事である。 そう でなくとも 外国という厳しい環境の中を生き抜いてきて、そして力をつけ、人生に対する確固たる自信、その力強さに、圧倒された思いだった。
私のように単なる旅行で気楽に楽しく外国と接しただけの人間にとってそこに根を下ろし 一般の庶民として暮らす事の大変さは想像すら出来ないが、そのような環境で鍛え上げられると人間は大きく成長も出来、強くなる。 そんなモデルを目の当たりにした印象だった。
私の妹はアメリカ人と結婚した。もう10年程前に死んだが、知らない国での生活は大変だったらしい。渡米したのも二十歳をちょっと過ぎた頃、日米の講和条約が結ば れた直後、戦後そう時間経った時ではなかった。また、渡米するにも飛行機などはなく、横浜から船でアメカに向かった。そしてイリノイ州の小さな町に住むことになった。かつての敵国日本から来た人、若い女性とはいえ偏見も ひどかった様でジャップ、ジャップの陰口は日常茶飯事、それとの戦い、言葉も壁、文化の違いなど様々な障害が次々に彼女を襲った。その中で彼女は成長していった、幸い主人が優しい人だったので その愛情に守られながら日々戦いに明け暮れたらしい。立派にご主人の両親を看取り、三人の子供を育てた。しかし、彼女はその辛かった体験を、少なくとも私には一言も言わなかった。私も聞いたことはなかった。 が、たった一度、それは妹夫婦やいとこ達とドイツのルーツゆかりの場所を訪ねる旅をした時の事だった。私は、妹の人に対する見方が大いに気になった事があった。そしてそれを指摘した。どうしてそんな見方、 受け取り方をするのかと尋ねた。その時、妹が言った言葉が忘れられない。「アメリカでの長い生活の間、様々な事を経験した。それは日本にいたら経験しなかっただろう事もたくさんあった。また様々な人との関係で 色々なことがあった。言葉や文化の違いから来ているものも多かった。主人以外は頼る人もなく謂わば孤独の戦いでもあった。それは大変な経験だった。そう言う事の積み上げが自分の対人観を 作り上げてしまっているのかもしれない。」涙ながらにそう言ったのを思い出す。私はその時、世間知らずのまま結婚し、アメリカで生活を始めなければならなかった妹が、重ねてきた苦労の重荷をまだに背負い続けている 事をに始めて気づいた。妹はもうこの世にいないが、その背負い続けた重荷を聞いてやり、少しでも軽くすることをしてやれなかった事を悔やんでいる。それでも彼女は、最後まで幸せに姪のようにきっとたくましく生きていたのだと姪に会って改めて思った、
(2017.05.07)

前回のものを見る

今週のページへ

独り言に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戦争は困ります

最近北朝鮮と米国との関係が緊張状態を増し、一触即発状態とか、戦争が起きるのではないかと不安な空気が漂って来た。 戦争が起きれば日本も否やでも応でもその戦争に巻き込まれる事になる。 昨日の北朝鮮のミサイル発射情報が伝えられるや都内では一部の交通機関が運行を見合わせるなどの異常な状態が伝えられている。またミサイルが着弾が予想される場合の対策なども報じられている。 それらは事情がよく分からない我々庶民の不安を一層増幅し、なんとか平穏に事が収まるのを願う気持ちでいる。
いくつかの戦争の時代を生き、そして国土の荒廃、敗戦を経験した私には、改めて平和の素晴らしさがひとしお強く感じられる。特に70年余平和の時代を過ごしてきた故に、この間多くの悲惨な内戦や戦争を見聞きしてきた故に これほど強く平和の尊さを感じたことはない。
しかし、この緊張もちょっとばかり演出されている面もある様に思える。フィリピンの大統領に「二つの国は危険なおもちゃで遊んでいる。トランプ大統領にやめてと言わなくてはならない。」とまで言わしめている。 「遊んでいる」とは辛辣な皮肉である。トランプ大統領は、米国ファーストの前にまずトランプ ファーストに見えている。人気を維持するためにまず速効ある業績を世界に示さねばならない。その焦りが大統領令の連発でも あったが、更にその上、自らの持つ力を示す必要もある。その一つが最近の国連を無視した外国への直接攻撃でもある。そして今回の北朝鮮問題にもその可能性が危惧されている。こう言う事の中に見えてくるのは、米国が新大統領の下ではっきりとした 世界戦略を持っているのかどうかが分からない事である。その中で北朝鮮をどう位置づけているのかも見えていない。これは非常に恐ろしいことのように思える。なぜならばこれでは話し合いも出来ないと言う事になりそうだからである。 だらと言ってシリアで行ったミサイル攻撃やパキスタンに特殊爆弾の投下のような脅しは、あまりにも無謀と言わざるを得ないし危険である。アメリカ ファーストいいだろう、だが私たちが期待しているのは世界に冠たるファースト級の アメリカである。このアメリカに立ち返って世界の平和そして極東の平和にも偉大なリーダーシップを発揮してほしいものである。そのときにこそ私たちは諸手を挙げてアメリカ ファーストと連呼したい。

(2017.04.30)

前回のものを見る

今週のページへ

独り言に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

老人定期検診の意味

10日ほど前に今年の定期検診を受けた。毎年続けているもので市が定めた項目について検査を受けるタイプの検診である。その結果は、持病以外は特に異常なしという前年並みの結果だった。私はまだ現役時代の検診結果と併せてすべての結果をパソコンに保存して いる。蓄積した記録は、31年分になった。持病の高血圧と高脂血症は若い頃から医師に指摘されていた。25年ほど前から薬を服用するようになって数値としてはむしろ改善されて来たし、体調もそう悪くない。 問題は、以前にも一度書いたような記憶があるが、私の場合 そのような検査が行われていないところで起きている。一つは腰痛である。腰痛との付き合いはもうずいぶん長くなる。検査の結果は脊柱管狭窄が起きていると言う。手術以外色々治療をやって来 たがどれもさほど効果がなく、結局毎朝やっている腰痛対策用の体操と朝の散歩でなんとか急激な悪化を抑え ているようなものである。 もう一つは20年ほど前に偶然見つかった緑内障である。こちらは最近再び悪化してきていて、文字を読むのがかなり大変になってきた。左眼はほぼ失明状態だし、残っている右眼岸も視野がだんだん狭まってきてい る。 それに片方が見えない目だと両眼で見たとき時に見えない左眼が右眼の見え方に影響してきている様で全体がぼけて見えるということを経験している。
決して昔ような健康とはいえない。全体的に動きは腰痛もあって遅くなり、腰痛と視力低下ですべて消極的、 世の中にますます疎遠になってしまっている。記憶も悪くなった。しかし、 定期検診の結果だけを見ると私は31年前とさほど変わっていない。要するに健康なのである。検査の目的は事前に生活の質の低下を防ぐためである筈なのに明らかに生活の質は低下してきている。 それならば一体検査の目的はなんだろうかとと思う。医師に聞いてみた。もうこの年になってどこか検査項目で問題と指摘されも私はおそらく何もしないでしょう。どういう風に考えたらいいのでしょうかと。 医師曰く、何が問題かを知っているだけでよいのですと。しかし知らない方がいい場合だってある筈だし、そもそもこの検査項目では高齢者の問題が十分に把握出来るようにはなっていない。極論すれば検査してもある意味無駄だし、納得しかねるので検査をやめるかというと私などそれほど腹が据わっていない。 検査しないのもなんとなく不安である。と言うことは小安心のために検査をしていると言う事になる。それが現実かもしれない。検査はどんな目的など目くじら立てるのもおかしいと言うことになる。小安心ためで十分。 そう割り切った。もっともこの複雑な体に大安心と言うことはまずないだろう。毎日毎日の生活を見てもすべて小安心の積み重ねが続けばそれは大安心・幸せにつながる。 検査結果を説明した医師が「まずはよかったですね。また来年。」と言われた。また記録を残し始めて32年目・来年も命あれば少々億劫苦になって来ているが小安心のための検査を受けて見るつもりだ。

(2017.04.23)

前回のものを見る

今週のページへ

独り言に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嘘とほんと

今朝、ラジオで「ウソつきの国」と言う本の紹介で著者の勢古浩爾氏がアナウンサーと短い対談をしているのを偶然聞いた。人は必ずうそをつくものである事、 しかし、様々な嘘があり、 有害な嘘から社交辞令のような嘘と言えないような嘘もあることなどから話が始まった。様々な我々が経験している嘘事例を例に挙げた後、「知らんがな」ほっといてくれと言う意味らしいがで終わった。
しかし、嘘とは何かには言及されなかった。国語辞典には事実でないことが嘘だと記されていた。おのずから定められた基準を もとにこちら側が嘘で反対側が真実と言うことになっている。これでは答えになっていない。と言うのは嘘とか真実は認識の問題なのでそう簡単なものではないからだ。以前、猫と犬の嗅覚について書いたことがあります。 犬は嗅覚が鋭いので人が隠れていてもすぐに感じ取れるが、猫は特殊な嗅覚だけが鋭いにも関わらず一般的な嗅覚は鋭くないそうで、人が隠れれていても感じることはできないと言います。だから猫と犬がもし会話したら人がいるぞと犬が 言い、猫はいないと言うことになる。それぞれにとって共に真実であるが、お互い相手は嘘をついていると思うだろう。また、昆虫の話も最近書きました。花の受粉に働いている昆虫の目は、人間より紫外線側にずれた認識領域があるそうで、人間には 黄色の花も、昆虫類には青く見えるのではないかと言われています。もし人間が昆虫と対話できるならば一つの花の色に二つの色が存在することになります。即ち二つの真実と二つの嘘が存在することになります。 人間同士でも事によっては同じようなことが起きることもあるのではないでしょうか。例えば、特に政治問題が絡む問題のマスコミの取り上げ方、論じ方などには微妙な差があることもしばしばありますし、時には政治家の発言などにも 何が真実なのか理解しにくいことも多いし、国会の論争などにも妙な討論や答弁が行われ、私など聞いていてイライラすることもあります。これなど両当事者ともに自らの主張が真実に基づいていると思っている 先の犬と猫の対話や昆虫と人間との対話と同じようなものだと思いたくなります。今議論を呼んでいる豊洲市場の安全・安心問題も似たようなものに見えます。ある人に安心でもある人にはそうでないと言うことが起こるでしょう。事実は一つしかなくても受け取る人の受け取り方ひとつで真実にもなり、嘘にもなる危険性があります。 そのほか著者が例に挙げている宣伝にも同じようなことが起きています。全くウソつきの国の話と無関係と思える宗教や信仰の問題も信じる人にとってはすべて真実ですが、信じない人にとっては全くのフィクションになることもあります。 兎角、認識が絡む問題は人間そのもの問題でありそう簡単に白黒つけられる問題ではないように思えます。そうなると国語辞典の嘘の定義はどう書いたらよいだろうかと考えてしまった。

(2017.04.16)

前回のものを見る

今週のページへ

独り言に戻る